29章 メニューとキーボードアクセラレーター(その1)

<html>

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis"></meta>
<title>29章 メニューとキーボードアクセラレーター(その1)
</title>
</head>

<body bgcolor="WHITE">
<font size="5">29章 メニューとキーボードアクセラレーター(その1)
</font>
<hr>
<p>
 この章から数章に渡って、メニューとキーボードアクセラレーターの実装について説明いたします。<br>
 Windowsでは、同じ物をオペレーターとプログラマーが異なった用語を使う事があります。例えば、普通、エディットコントロールでオペレーターが、カーソルと呼んでいる物は、プログラマーでは、カレット(キャレット)と言います。同様に、オペレーターがショートカットキーと表現しているものは、プログラマーは、キーボードアクセラレーターと言います。<br>
<p align="CENTER"><img src="/web/20151022183415im_/http://web.kyoto-inet.or.jp:80/people/ysskondo/from29/chap29a.gif">
<p>
 今回は、Windowsの代表的なテキストエディタであるメモ帳(notepad.exe)を例に、メニューとキーボードアクセラレーターのオペレーションの確認をします。プログラマーでも、意外とマウスばかりでキーボードによる操作を知らない事があります。まず、オペレーターになってみましょう。
<hr>
<p><b>
・マウスによる操作
</b><br>
 これは、説明の必要は無いでしょう。これが出来ない方は、Internet Explorerすら使えないでしょう。<br>

<p><b>
・キーボードによる操作(その1)
</b><br>
 メモ帳がアクティブになっているとき(アクティブでなければ、[Alt]キーを押しながら[Tab]キーを押してアクティブにします)、[Alt]キーを押すと、メニューの一番左端の[ファイル(<u>F</u>)]が反転して、選択されている事をオペレーターに知らせます。<br>
 この状態で、[→]キーを押すと、[編集(<u>E</u>]へ選択されているメニュー項目が移動します。同様に、[←]キーと[→]キーで、選択するメニュー項目を移動できます。そして、[Enter]キーを押すと、この中に分類されている項目が表示されます。また、[ファイル(<u>F</u>)]から[検索(<u>S</u>]に一気に移動したければ、[S]キーを押す事によって移動でき、[検索(<u>S</u>]項目の中に属するメニューが表示されます。同様に、[↑]キーと[↓]キーで[検索(<u>S</u>]項目を選択してて、[Enter]キーを押すか、[F]キーを押す事により、マウスを使わずに、検索ダイアログボックスを表示さす事が出来ます。
<p align="CENTER"><img src="/web/20151022183415im_/http://web.kyoto-inet.or.jp:80/people/ysskondo/from29/chap29b.gif">
<p>
 結局、[Alt]キーと矢印キーと[Enter]キーと赤丸で示したキーで、全てを済ませた訳です。マウスは一切使っていません。<br>
 また、一度、分類されている項目を表示させた後に、[←]キーで[ファイル(<u>F</u>)]より左を選択すると、システムメニューと言われる[最小化(<u>N</u>)]などを選択するメニューも選べます。
<p>
 正直、この様な操作は、マウスが壊れたときの応急措置という感じで、特別、マウスを使ったときと比べて有利とは感じませんでしたね。Windowsの初期のバージョンの頃は、マウスのようなポインティングデバイスが普及していませんでした。単なる、このなごりに過ぎません。
<p>
<b>
・キーボードによる操作(その2)
</b><br>
<p align="CENTER"><img src="/web/20151022183415im_/http://web.kyoto-inet.or.jp:80/people/ysskondo/from29/chap29c.gif">
<p>
 赤枠で囲ってある部分が、キーボードアクセラレーターと呼ばれる物で、強力です。<br>
 メニューを使う事無しに、メニューを使うのと等価の事が出来てしまいます。ただ、メニューで、灰色表示の機能は、これが今の状態では使えない事を意味します。今の場合、クリップボードに文字情報が入っていれば、[Ctrl]キーを押しながら[V]キーを押すだけで、クリップボードから文字列が貼り付けられます。
<hr>
<p>
 これから数章に渡って、今回紹介した機能の実装とメニューの装飾の実装の実際を行います。一部、前章と重なる箇所もありますが、より詳細な説明を行います。
<p>
 では、お楽しみに。
<p align="RIGHT">
2002年11月16日<br>
<hr>
<p align="RIGHT">
<a href="/web/20151022183415/http://web.kyoto-inet.or.jp:80/people/ysskondo/index.html">目次</a><br>
<hr>
<p align="RIGHT">
著作権者:近藤妥
</body>
</html>

  • 最終更新:2018-03-11 05:24:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード